2017.09.29UP不動産投資を女性にオススメする理由
~Vol.1 男女の賃金格差はまだ大きい。~

女性の社会進出が進む中、
所得など実態はまだ追いついていない

最近、女性投資家が増えています。
女性の不動産投資セミナー参加者数でみても、この10年でおよそ2倍に増加しているといいます。これは、女性のみを対象にしたセミナーや女性向けの不動産投資書籍の出版が増加していることも関係しているでしょう。
これほど、世の中が女性に向けて不動産投資を勧めるのはいくつかの要因が考えられますが、一つは「未婚率・離婚率の上昇によって、1人で生きる女性が増えている」から。生涯未婚率も増加しています。
これは、女性の社会進出が進み、パートナーに依存せず経済面で自立した女性が増えていることも要因の一つとして考えられます。

■生涯未婚率の推移(将来推計も含む)

生涯未婚率の推移(将来推計も含む)
*国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集(2015年版)」、「日本の世帯数の将来推計(全国推計2013年1月推計)」 (注)生涯未婚率とは、50歳時点で1度も結婚をしたことのない人の割合。2010年までは「人口統計資料集(2015年版)」、2015年以降は「日本の世帯数の将来推計」より、45~49歳の未婚率と50~54歳の未婚率の平均である。

■女性の就業率

女性の就業率
*総務省「労働力調査(基本集計)」(平成25年)より

■離婚率

離婚率
*厚生労働省「平成22年人口動態統計」より

上記のグラフから見てわかるように、2013年の離婚率は35.0%(23万1383組)。「約2分に1組」が離婚をしている計算になります。想像を超えた数字ではないでしょうか?

女性の平均給与所得は、男性の7割程度

また、もう一つの大きな要因として考えられるのは、これだけ女性の社会進出があるというのに、この30年間、男女の給与格差はほとんど縮まっていないこと。女性の平均給与所得は男性の7割程度にとどまっています。
欧米諸国では女性の平均給与所得は男性の8割~9割といわれているので、日本の数字は先進国とは思えないほど格差が大きいといえるでしょう。
働く女性の待遇を改善するため、1985年に男女雇用機会均等法が制定されました。今後、少しずつ改善していくとは思いますが、男性と女性の給与格差が無くなる日はきっとまだ先のことだと思います。

■性別平均賃金、男女間賃金格差

性別平均賃金、男女間賃金格差
*厚生労働省 平成28年2月発表

まとめ

世界の中でも、日本の働く女性待遇はまだまだ道半ば。これならば、定年後が心配になり、積極的に資産形成をしたくなる気持ちがわかりますね。