2022.08.05UP     女性にありがちな不動産投資の失敗と
対策をわかりやすく解説!

不動産投資をするにあたり男女の差はありませんが、女性が陥りやすいパターンはあります。
不動産投資を成功させるためにも女性が陥りやすいパターンを知り、同じような失敗をしないように
対策を講じておくことが大切です。今回は、女性にありがちな不動産投資の失敗と対策について解説します。

女性にありがちな失敗しやすい傾向について

不動産投資では、女性ならではの特性が失敗を招くことがあります。
その特性とは、女性の多くが「限定品」や「未公開情報」など特別感のあるものを好む傾向にあるというものです。
そのため、不動産会社の営業マンに「ここだけの情報ですが…」「この物件は今月限定で値下げをしています」などと
特別感のある言葉をかけられると惑わされ、思わず購入してしまう方が一定数います。

そんなときには「なぜその物件を購入するのか」という根拠をよく考えましょう。物件の立地や実質利回り、
精算価格など具体的に納得ができる根拠がないのに購入を決めるのは危険です。

一番の対策は情報の根拠を常に確認すること

女性が不動産投資を失敗しないためには、物件情報の正確さや根拠を確かめることが大切です。
なぜなら、不動産会社によっては「投資者にとって良い物件」ではなく、「不動産会社が売りたい物件」を
紹介することがあるからです。

不動産会社が売りたい物件は、不動産会社にとって利益が大きい物件や、買い手が付きにくい物件などが挙げられます。
だからこそ、投資する側は「良い物件」を選ぶためには自分自身で調べ、物件情報の正確さを確かめ、
ご自身が納得することが大切なのです。

また、不動産投資物件を選ぶときには「自分が住む家ではない」ということを忘れてはなりません。
将来、購入した物件にご自身が住む予定であればよいのですが、そうでない場合は自分の好みで物件を選ぶのではなく、
立地の利便性や利回りなど根拠となるものを選ぶようにするのが賢明です。

まとめ

最近では女性も経済的に安定するようになり、投資をする女性が増えてきました。
女性ならでは視点で成功されている方もいますが、なかには失敗をしてしまう方もいるのが現実です。
そうならないためにも女性が失敗しやすい傾向を知り、対策したうえで不動産投資を成功させましょう。