2022.05.06UP     女性が不動産融資の面談を受けるときの注意点とは?
チェックポイントを解説!

不動産投資で融資を受ける場合は、事前に面談が行われます。
この面談にはどんな準備をしていけばよいのでしょうか。
不動産融資の面談を受ける際の身だしなみと、面談で聞かれる内容について解説します。

不動産融資の面談を受けるときに気をつけたい身だしなみ

不動産融資の面談は、融資する相手に返済能力があるかどうかを計るために行われます。
しかし、第一印象も重要です。

面談の際には、まず外見からチェックされます。
スーツなどの正装でなくても構いませんが、パーカーやTシャツなどカジュアルすぎる服装は避けた方がよいでしょう。
カジュアルな服装の際には、だらしない印象を与えて
「本当に返済してくれるのか」といった不安を与えないように注意が必要です。

逆に、過度に着飾ったり、ネイルや化粧が派手すぎたりすると、
返済するはずのお金を浪費してしまう印象を与えてしまうことがあります。
ヘアスタイルも落ち着いた印象に整えて、
「きちんと返済してくれそう」というイメージが持てる身だしなみかどうかをチェックしてから、臨むとよいでしょう。

不動産融資の面談では何を聞かれる?

見た目だけではなく、実際に返済能力があると判断されるためには、
融資の面談の際の質問項目に適切に答えることが必要です。

免許証などでの身分確認をした後、経歴と現在の属性、勤務先と仕事の内容の聞き取りから始まり、
保有資産額や年収がローンの申込書に記入したもので間違いないかも確認されます。
融資を受けるために必要な項目なので、正確に答えることが大切です。

さらに不動産投資を始めようと思ったきっかけや投資への理解、
購入物件の知識などについても、聞かれますので準備をしておいた方がよいでしょう。
配偶者や親族の同意を得ているかについても確認されることがあります。
同意を得ていない場合、あとから銀行まで巻き込んでトラブルになることがあります。

まとめ

不動産投資をする際の融資を受けるための面談では、
「きちんと返済してくれそうな人」という印象を与えることが大切です。
返済能力があることを示す収入や保有資産額は正確の数字を準備しましょう。
融資を受けて資産形成をするなら、不動産投資がオススメです。