2020.12.11UP     不動産業で働く女性は増加傾向!女性でも不動産投資で資産は持てる!

不動産業で働く人というと、男性が多いイメージが強いかもしれません。
しかし最近は不動産業で働く女性も増えてきています。女性が不動産業に向いている理由と、
女性が始めやすい資産形成に役立つ理由をご説明します。

不動産業で働く女性は増えている

総務省の国勢調査によると、不動産業で働いている女性の比率は、
2005年で38.9%、2010年で39.7%、2015年で41.4%と、徐々に増加しています。

そもそも不動産営業は直接お客様対応をする仕事なので、接客やサービスなどの面で気配りやおもてなしの精神が大切です。
電話営業をする際も、女性のほうが相手に警戒されにくいというメリットがあります。
また、家事・育児など女性目線で物件を紹介することができます。
これらのことから、不動産業は女性に向いている業務内容と言えるのです。

不動産業は営業だけでなく事務は専門性が高い職種であるため、一般事務と比較して高い給与が期待でき、
一度資格やスキルを取得しておけば育児後に復職しやすいというメリットがあります。

はじめはみんな初心者!女性が不動産投資を始めるときの手順

意外かもしれませんが、不動産投資は投資の中でも少ない自己資金で始められる投資です。
不動産投資を始める際は、以下のような手順で進めていくとよいでしょう。

・長期的視点で計画を立てる
安定した家賃収入を、毎月手堅く手に入れていくためには、まずは長期的な投資計画を立てていくことが大切です。
自己資金や年収、不動産投資の目的や目標などを書き出して考えてみましょう。

・不動産会社を選んで物件購入
投資のための物件を選ぶには、まずは不動産会社を選びます。物件を選んで購入するときだけでなく、
その後の管理や売却などについても相談に乗ってくれるような、信頼できる不動産会社を探しましょう。

・物件管理について
投資用物件を購入したら、その物件管理について考えなければなりません。
入居者募集や契約、家賃の回収や催促、トラブルやクレームの対応など、
物件管理のためには、さまざまな業務が発生します。

これらを全てひとりで行うのは、仕事と家庭で忙しい女性にとって大変でしょう。
そこで管理会社に委託することをオススメします。管理まで引き受けてくれる不動産会社であれば、
管理会社を探す必要はありませんが、そうでなければ実績や対応の良い管理会社を別に探しましょう。

まとめ

不動産投資のメリットは時間の縛りを受けにくいため、
仕事と家庭の両立に忙しい女性でも始めやすい投資方法として人気があります。
不動産業で働く女性も増えてきている現在、初心者や女性でも始めやすい不動産投資で、
手堅く自己資金を増やしていってはいかがでしょうか。