2019.10.18UP     生活重視のワークライフバランスを求める女性は56.1%|資産運用で暮らしを充実化

「仕事と生活の調和」を意味するワークライフバランスですが、女性の場合は生活重視のスタイルに重きを置いている場合が多々あります。仕事よりも生活を重視するために、理想的な労働時間はどれくらいなのでしょうか。また、理想を叶えるための手段としておすすめの資産運用についてご紹介していきます。

女性の重視するワークライフバランスとは

働く女性を対象に「働き方と生活のバランス」について調査すると、「今よりも生活にウェイトを置きたい」という回答が34.2%という結果が出ました。さらに、正規雇用や準正規雇用者に絞ってみると、過半数が生活を重視しています。
扶養控除の枠以上の収入を得ている女性ほど、生活を大事にしている傾向があるようです。

女性が理想とする労働時間

今度は、理想的な労働時間について見ていきましょう。全体の回答としては、4時間と答えた方が最多の18.2%に上り、次いで17%の方が5時間と答えました。回答者の中には、3時間ほどの労働をしているものも含まれており、短時間労働の人ほど少し長めの労働時間を理想としています。逆に、7時間以上の長時間労働者になると、現状よりも短い労働時間を望むことが多いと分かりました。

短時間労働で生活重視のライフスタイルを得るために

生活に重きを置く暮らしを実現するためには、経済的余裕が必要です。正規雇用やパート、アルバイトなどは働いた分だけ給料が増えるのが一般的ですが、理想的な時間が4時間だと満足する生活は難しいでしょう。
そのため、仕事以外の部分での収入源が必要となってきます。資産運用であれば、働かずに利益を得ることができ、中でも不動産投資であれば中長期的に安定した利益が期待できます。

まとめ

女性が理想とするワークライフバランスを叶えるには、不動産投資がおすすめです。不動産投資の初期費用は会社員であれば融資の都合もつけやすく、税金対策も可能です。
女性の場合、妊娠や家庭の状況もあるので、働く時間がなくても収入を得られる仕組みとして、不動産投資を検討してみてください。