マンション投資セミナー

20〜40歳代の社会人のあなたへ。
“健康寿命”から考える将来の人生設計

     

今回は、ファイナンシャル・プランナーを講師にお招きし、「なぜ、健康のうちから未来の資産形成の準備をすべきなのか」を20〜40歳代の社会人のあなたに聞いていただきたいのです!

《申込みは約1分で完了します!》
     
  • 開催日
    • 平成30年10月20日(土) 受付13:00~
      開始13:30~
  • 場所
    • 東京都渋谷区渋谷1-2-5
      MFPR渋谷ビル 4階
      google map

セミナーご紹介

★・・・……………・・・……………・・・……………・・・……………・・・……………・・・……………・・・★

不動産投資に限らず、未来の資産形成のために知っておくべき大切なことはいろいろありますが、
実は大前提に 「健康である」 ことがベースにあります。

なぜ、健康であることと、未来に向けて資産形成をすることが関係すると思いますか?
著名な格闘家が「元気があればなんでもできる!」と言っているように、
資産形成を成功させるには、きちんと仕事をし、収入が一定以上あることが肝心です。金融機関の融資と切っても切れない関係にある不動産投資は、健康でなければ、収入が安定せず、融資を受けられない可能性が高くなります。

今回は、ファイナンシャル・プランナーを講師にお招きし、
「なぜ、健康のうちから未来の資産形成の準備をすべきなのか」を
20〜40歳代の社会人のあなたに聞いていただきたいのです!

健康と資産形成の関係性についてよくわからないと思ったあなた、
必ずや内容に満足していただけると思います!

ご参加、お待ちしております。

★・・・……………・・・……………・・・……………・・・……………・・・……………・・・……………・・・★


私たちは、未来に向けた豊かな資産形成を行うためには、健康であることが重要だと考えています。

それはなぜでしょうか?

1.年齢が上がるにつれて、健康でいられる時期(健康寿命)が短くなっていく可能性が高く、資産形成がより難しくなってしまうから。
2.資産形成の一環として投資用不動産を購入する場合、ローンを組むにあたり団体信用生命保険(団信)の加入が必須となり、健康である必要があるから。
3.健康であるうちにローンを組むこと(=団信に加入していること)で、将来の病気による経済的なリスクを回避することができるから。

などなど。メリットがたくさんあります。


弊社のオーナーのお一人に、50歳代から資産形成の1つとして不動産投資を始めた方がいます。その方は、今でも常々、「もっと早く資産形成を考えていればよかった」などとおっしゃいます。

あなたがそうならないよう、ぜひ、健康で若いうちから資産形成について考えてください!

本セミナーは、20〜40歳代の社会人に向けて
ファイナンシャル・プランナーが、「なぜ、健康のうちから将来の資産形成を考えるべきなのか」を、
たっぷりお話しします!

ご参加お待ちしております。

《申込みは約1分で完了します!》

セミナー概要

  • 定員
    20名
  • スケジュール
    13:00~    受付

    13:30~14:30(第一部)
           講師 八木 陽子先生

    14:30~14:40(休憩)

    14:40~15:40(第二部)
           講師 株式会社PIM マンション経営アドバイザー

    15:40~    無料個別相談会(自由参加)
    ・お客様の状況を元に、より具体的な相談のお時間です。
    ・聞けなかった疑問、ご質問などもお気軽にご相談ください。

    ※途中入場も可能です。
    ※強引なセールスは一切いたしません。
    ※女性スタッフの対応も可能です。

    個別相談された方には、マンション経営の ポイント小冊子プレゼント!
  • アクセス
    渋谷駅 宮益坂口より 徒歩7分
    渋谷駅 B11出口より 徒歩6分
    表参道駅 B2出口より 徒歩6分
    (旧)こどもの城並び
  • お問い合わせ
    当日の場所のお問い合わせや、その他お問い合わせは下記番号までお願い致します。
    [セミナー担当]080-3427-7670
※申込フォームで開催日が選択できます。
【※注意】
※本サイトでの申込は仮申込となり、担当者より連絡を致しますので確認が取れ次第受付完了とさせて頂きます。
※セミナー中の、PC使用 ・ 録音 ・ 撮影等はご遠慮いただいておりますのでご了承下さい。
※同業者、ネットワークビジネス、学生の方は一切お断りしています。
※同業者ではない旨の確認の為に健康保険証または名刺2枚を拝見させて頂く場合もございますので、ご協力下さいますようお願い致します。