講師のご紹介

乾 正人先生INUI MASATO

産経新聞論説委員長

政治記者歴30年の産経新聞論説委員長

乾 正人先生
  • 略歴
    1962年  神戸市兵庫区生まれ、甲陽学院高校卒 
    1986年  筑波大学比較文化学類卒
       同年  産経新聞社入社、新潟支局配属
    1989年  政治部配属 首相官邸、自民党などを担当
    2007年  政治部長
    2011年  東京本社編集長
    2015年  東京本社編集局長
    2018年  論説委員長

    (社外)
    筑波大学経営委員会経営委員(2012年~2018年)
     筑波大学校友会理事(2018年~)
     ニッポン放送「朝ラジ!」月曜コメンテーター(2008年~2015年)
    日本新聞協会論説担当責任者代表幹事(2019年)

    ・1989年6月1日より政治部記者。政治記者歴30年。
    竹下登首相最後の日の番記者を皮切りに宇野、海部両首相の首相番記者を経て自民党渡辺派(旧中曽根派)を担当。
    このころより石破茂元防衛相の知遇を得る。

    当時、自民党取材のほか政治改革運動を担当し、細川護煕、小池百合子、小池氏の秘書だった中田宏の各氏は日本新党発足当初から取材している。
    政治部記者時代は首相官邸、自民党が主な取材対象だったが、村山政権時代には社会党も担当。

    1996年9月から約1年間、防衛研究所一般課程で安全保障政策について研修した。
    民主党政権時代には、鳩山政権発足当初から紙面を通じてその無責任ぶりを厳しく批判。
    小沢一郎ら幹部から何度も名指しで批判されてきた。

    編集局長時代は、トランプ氏が大統領に当選した翌日の1面コラムで
    「トランプ大統領でいいじゃないか」と内外のメディアがトランプ批判一色の中、肯定論を執筆、大きな反響を呼んだ。


    モットーは、「他人が書かないなら自分で書く」
    趣味は、競馬と鉄道旅行

先生へ質問!

講師をされる際、いつも大切にされていることは何でしょうか?

来場者に「足を運んで良かった」と感じていただける有意義な情報を提供すること。
もうひとつは来場者を眠らせないこと。

講師をされている中で、印象に残っているエピソードは何でしょうか?

民主党の野田政権が衆院解散宣言した翌日の講演で、「日経平均株価は近いうちに2倍になる」と予測し、ズバリ的中。
翌年、聴衆の3人から礼状と1人からお菓子が届いた。

ホームページを見ている方へ、コメントをお願いします。

令和という時代は何が起こるか分かりません。
日ごろから内外のニュースにアンテナを張っていてください(もちろん、産経新聞も重要な情報源になります)