自分なりに調べ、勉強し、納得する。それにより最低限の不安で済むはず。

H.Kさん

H.Kさん 教育業

  • 60代
  • 神奈川在住
  • 所有物件3件

オーナー歴:11年

不動産投資のリスクやメリット・デメリットを自分なりに徹底的に調べ、不動産投資を始めたというKさん。 不安のなか始めた不動産投資について、今の思いもお聞きしました。

Q.不動産投資を始めたきっかけはなんですか?

A.老後に少しでも余裕を持ちたいと思ったことがきっかけです。
これまで不思議と投資についてあまり興味がなかったのですが、
ひょんなきっかけでPIMと出会い、不動産投資を考えるようになったんです。
現在は、複数所有していたほうが収入も増えると考え、複数物件を所有しております。

Q.不動産投資をはじめるときに、不安はありましたか?

A.「不安がありました」という過去形ではなく、現在進行形で、「今も」不安があります。
社会がどうなるか、働き方や生活の仕方がどうなるかなど、先のことはわからないですからね。
ただ、私は教育の仕事をしているので調べることが得意で、不動産投資を始めるまでに、
自分が思いつく“ありとあらゆる方法”で不動産投資とはどういうものか、メリットとデメリットなど、を調べました。

例えば、物件の資産価値はどういうところなのか、PIMはどういう会社なのか、信頼していいのか(笑)、などなど。
時にはPIM以外のセミナーに行き、客観的に考える機会も作ったり、知り合いの司法書士や友人にも相談しました。
そうやって自分なりにリスクを一つひとつつぶしていくことで、不安はなくならないけど、最低限の不安で済むようになりましたね。

Q.パートナーにPIMを選んだ理由は、何ですか?

A.・・・なんででしょう(笑)。
強いて言えば、担当者がはっきり言うタイプで、それが信頼できたのかもしれません。
単にグイグイ押し付けてくるということではなくて、良いもの良い、良くないものは良くない、とはっきり言うんです。
担当者は営業なので購入して欲しいという気持ちはあるはずなのですが、
「この物件は良くない」ということもはっきり言うんですね。
もし担当者がはっきり言う人でなかったら、PIMで物件を買わなかったかもしれません。

Q.これから不動産投資を始めようと考えている方に一言いただけますか?

A.これは私の性格もあるかもしれませんが、不動産投資を始める前に、納得のいくまで調べたり勉強したりしよう、ということです。
もちろんリスクゼロということはないですが、自分自身が納得できれば、一歩が踏み出せますので。

Q.最後に、今後の展望を聞かせてください。

A.所有している物件のローンをできるだけ早く繰り上げ返済しようと考えてはいますが、私にもしものことがあれば残債がゼロになるので、あまり早く完済するのももったいないかな(笑)、と考えたり・・・。
模索中です。どうするべきか、ファイナンシャル・プランナーさんに相談しようかな、と言うのが、直近の展望です。
 

ありがとうございました。

H.Kさんの好きな時間、好きなこと