投資というより、生命保険の代わりとして考えた不動産投資。
それが始めたきっかけです。

M.Hさん

M.Hさん 会社員・機器メーカー

  • 40代
  • 神奈川在住
  • 所有物件6件

オーナー歴:16年

家族は奥様とお子様3人。 自分に何かあったときに困らないように生命保険に加入しようと考えていたときに不動産投資を知ったというM.Hさん。 不動産投資を始めるなら、目標を持つことが大事と語るM.Hさんに今後の展望も含め、お話を伺いました。

Q.不動産投資を始めたきっかけはなんですか?

A.不動産投資を始めたのは、15年くらい前のことです。
子どもが3人いるのですが、当時は小学生くらいだったので自立するにはまだ先です。
もし私に何かあっても、妻や子どもに苦労をかけないように生命保険の加入を考えていました。

しかし受取額が数千万円の保険に加入するとなると、かなり高いので、他に何か良い方法がないかな、
と考えていたときに、不動産投資は生命保険代わりになると友人に教えてもらったのです。
その友人は、すでに不動産投資をしていたので、とても参考になりました。

Q.不動産投資をはじめるときに、不安はありましたか?

A.特に不安はなかったですね。
ただ、自分自身がマンション経営をするということにイメージが湧かなかったという点で、
漠然と不安はありましたが・・・。
しかし、基本的には家賃収入を使ってローンの返済ができると
友人からも教えてもらっていたので、不安はありませんでした。

Q.パートナーにPIMを選んだ理由は、何ですか?

A.信頼できる、と感じたからですね。
PIMの人と初めて会った頃は、どの物件を所有し、どの物件は売却をしようかなど、
物件の整理をしようとしていたときだったので、正直PIMから購入するつもりはなかったんです(笑)。

しかし、単に物件を売り込んでくるのではなく、物件の整理の仕方などもアドバイスしてくれましたし、
質問したことにはきちんと、しかも素早く回答してくれましたので、
今後何かあったときに相談できるパートナーだな、信頼できる会社・人だな、と感じました。

Q.これから不動産投資を始めようと考えている方に一言いただけますか?

A.何のために不動産投資をするのか、なぜ不動産投資をしたいのか、という目的を明確にするといいと思います。
私は「不動産投資で儲けたい!」という気持ちよりも
「生命保険の代わり」ということと「私的な年金づくり」という目的で始めました。
不動産投資を「投資」と考えずに「生命保険の代わり」と考えると、始めやすいのではないでしょうか。

また、不動産投資は、ローンを組めるので、私のように子育て中でキャッシュがあまりない、
という人でも始めやすいと思うのです。
生命保険代わりになる、キャッシュはそれほど必要ない。
これだけでも不動産投資のメリットは十分にあると思いますね。

Q.最後に、今後の展望を聞かせてください。

A.子供が成人した今、一つ目の大きな目標は、ほぼクリアしました。
もう一つの年金作りと、あらたな目標として所有している物件を子どもたちに相続すべきかどうか、を
これからきちんと考えて目標を設定したいと思います。
それと、もしかしたら、いくつか物件を売却して、
そのお金を使って新たに買ってしまうかもしれませんが、未来のことは自分でもわかりません(笑)。

ありがとうございました。

M.Hさんの好きな時間、好きなこと