信頼できる人と出会えるか。
それがカギだと思います。

Y.Hさん

Y.Hさん 医療機器メーカー

  • 40代
  • 東京在住
  • 所有物件2件

オーナー歴:1年

不動産投資はだいぶ前から知っていたが、なかなか始めなかったというY.Hさん。 詳しいことを知りたくても誰に聞けばいいのか、イメージがつかなかったそうですが、 知人の方にPIMを紹介され、いろいろと話を聞けたことで一歩が踏み出せたそうです。 そんなY.Hさんは、不動産投資は信頼できる人と出会えるかがカギだと話します。

Q.不動産投資を始めたきっかけはなんですか?

A.私の周りで不動産投資を始める人が増えた、
また自分が思っていたよりもかなり多くの同僚たちがすでに不動産投資を始めていたということが大きいですね。

私もそろそろ老後の人生を考えなくてはいけない年齢ですので、
未来の安心を少しでも作るには、投資が有効であることはわかっていました。

その中で、不動産投資という資産形成方法があることは、だいぶ前から知っていました。
周りの友人・知人で不動産投資を始めている人がいましたから。

ただ、いることはいましたが、それほど多くはなかったので、不動産投資はどういう仕組みなのか、
どういうメリットがあり、どういうデメリットがあるのか、詳しく知りたいときは誰に聞けばいいのか、などがわからなかったんです。
そして、少しずつ不動産投資のことがわかってきたので、始めました。

ちなみに、不動産投資について具体的に知ったのは、PIMの営業の人と出会っていろいろ教えてもらったからです(笑)。
 

Q.不動産投資をはじめるときに、不安はありましたか?

A.不動産投資を始めようという気持ちになったときには、不安はほとんどなかったですね。
でも、その気持ちになるまで、つまり不動産投資をやってみようと思うまでには、不安がありました。

なぜなら、不動産投資をすることの意味がよく分かていなかったこと、そして漠然とした不安がありました。
最初は、何を聞いたらいいのか、何を聞くべきなのか分からなかったのですが、PIMの担当の人が、何に対して不安を抱いているのか、
1つずつ不安を消してくれたので、もっと話を聞きたい、まだまだ知らないことがあるのではないかと思い始め、自然と不安が安心に変わりました。

Q.パートナーにPIMを選んだ理由は、何ですか?

A.私を担当してくれる営業スタッフが、とても信用できる人だと確信したからです。
PIMを知ったのは、不動産投資を始めている知人から紹介されたからなんです。

しかし同時に、他の不動産会社(A社)も紹介されていて、並行してお会いしていました。
そして、物件が魅力的だったので、A社と契約しようと思っていたのですが、そのときにPIMの担当がとても重要な指摘をしてくれたのです。

A社の担当者は私に物件を紹介する際、「ここからとても綺麗な花火が見れますよ」などと私が喜ぶようなことを中心に説明したので、正直かなり乗り気になっていました。
しかしPIMの担当に話をしたら「あなたはオーナーになるのであって、住むマンションなのではない」とビシッと言ってくれたのです。

今考えれば当然のことなのですが、ハッと我にかえりました。
A社の方はそういうことはまったく言ってくれませんでしたので、PIMの担当者は、オーナーになる人の気持ちになって話をしてくれるので、
とても嬉しく、そして頼もしく、信頼できる人だと強く感じました。

不動産投資は、信頼できる人と出会えることがカギだと思いますね。

Q.これから不動産投資を始めようと考えている方に一言いただけますか?

A.一言にならないかもしれませんが・・・(笑)。いくつかポイントがあります。

1つは、ローンの返済は家賃収入で返済できるということ。
私は今、金融機関から融資を受けて物件を購入し、毎月返済しています。
この返済は自分のお金ではなく、家賃収入から返済していますので、自分ではほとんど払っていないわけです。
こういう仕組みのある投資は他にないので、とても大きなメリットだと思いませんか? 私は大きな魅力だと思います。

2つめは、これは私が勝手に思っていることですが、お金の管理が得意ではない人は不動産投資に向いている、ということ。
私は浪費癖があったり、なかなか思うように預貯金が増えないのですが(笑)、そういう人には不動産投資は向いていると思うんです。
なぜなら、いつの間にか入出金が行われますので、株などのように状況をきちんと把握している必要はほとんどないわけですから。

私はまだオーナー歴は長くありませんが、30年後の不安を少しでも払拭したいという人は、ぜひ始めるべきだと思いますね。

Q.最後に、今後の展望を聞かせてください。

A.私は35年ローンを組んでいるので、普通に返済していくとまだまだ先のことです。
正直、そんな先までずっと返済し続けることは私にとっては苦痛なので(笑)、
定年時に退職金で繰上げ返済したり、物件を売却をして、また新たに購入しようと思っています。

ありがとうございました。

Y.Hさんの好きな時間、好きなこと