2022.09.13UP 区分マンション投資と一棟不動産投資の違いは?
メリットとデメリットをご紹介

単にマンション投資といってもその投資対象は多岐にわたり、まずは希望する条件に合う物件を探すことが大切です。
特に「区分マンション」と「一棟不動産」は各々に異なるメリット・デメリットがあることから、
それぞれの特徴をよく理解した上で投資をはじめることをオススメします。

一棟不動産投資にはない!区分マンション投資のメリットとは?

区分マンション投資とはマンションの一部の部屋だけを購入し、運用していくタイプのマンション投資です。
この投資方法は、マンションやアパートを一棟丸ごと購入する一棟不動産投資と比較した場合に
以下の点がメリットになります。

・物件価格が安い
区分マンションはマンションやアパート一棟を丸ごと購入する場合に比べて物件価格が安く、
初期費用を抑えることが可能です。
そのため、手もとの準備資金が少ない場合や融資額が希望額より少なかった場合などには、
有力な選択肢となります。

・共用部の修繕・管理の手間がかからない
一棟不動産投資では共用部の修繕・管理を自らで行わなければならず、
その手間や費用が負担となることもあります。
一方で区分マンション投資では共用部の修繕・管理は、管理会社などで管理していることが多いため、
その負担を軽減できる点がメリットです。

・リスク分散できる
マンション投資では常にリスクも伴い、その対策も必要です。
区分マンション投資と一棟不動産投資で比べた場合、区分マンション投資は、
複数の物件を別々の場所に所有することができるので、万が一、家事などで、所有物件が1つ消失しても、
他の物件で補うことができるので、不測の事態が発生した際の損失を抑えられる点もメリットとなります。

おさえておきたい区分マンション投資のデメリット

上述したように区分マンション投資には、一棟不動産投資と比較して数多くのメリットがあります。
一方でデメリットもないわけではないことから、以下の点についても覚えておくことが大切です。

・一物件あたりの収益が少ない
区分マンション投資では、一棟不動産投資に比べて一物件あたりの収益がどうしても少なくなってしまいます。
そのため、とにかく多くの収益を得たいという方にとって、
区分マンション投資は不向きとなってしまうこともあるでしょう。

・空室リスクが大きい
区分マンション投資では、投資対象物件が空室になってしまうと収益がなくなってしまうというリスクが伴います。
そのため、空室が発生しにくい物件を探すことも大切です。

まとめ

区分マンション投資は一棟不動産投資に比べて少ない資金でもはじめやすく、リスクも抑えることが可能です。
これからマンション投資をはじめる方は、まずはワンルームマンションなどを対象とする
区分マンション投資からはじめてみてはいかがでしょうか。