2022.07.26UP 初めての不動産投資で利回りの最低ラインを
明確化させるこれだけの理由

不動産投資を検討している方で、一番気になるのが利回りでしょう。
利回りは高ければ良いというわけではありません。
初心者が不動産投資を始める前に、知っておいたほうがよい利回りの種類と計算方法などについて詳しく解説します。

初心者が不動産投資を行う前に知っておくこと

不動産投資においては、主に3種類の利回りが利用されます。

・想定利回り
投資対象物件が満室だと仮定した際の利回りのことです。
計算方法は「想定利回り=(空室がない場合の年間家賃収入÷物件価格)×100」になります。

・表面利回り
現在の入居状況をベースにして計算した利回りです。
計算式は「現在の年間家賃収入÷物件価格×100」となります。

・実質利回り
現在の入居状況と必要経費、獲得できる収益を計算した場合の利回りのことです。
計算式は「(現在の年間家賃収入-年間経費)÷(物件価格+購入時経費)×100」となります。

不動産投資利回りの最低ラインは対象物件の築年数や地域によっても変わります。
また、投資計画によっても変わるため、高利回りだからと購入するのは控えましょう。

不動産投資の利回りを効果的に見直すポイントを掴む

不動産投資の利回りを見直すポイントは、収益を増やすか、費用を削減するかの2点です。
リフォームやリノベーションを実施して物件価値を高めることで、
入居者増加や家賃増額が可能になります。
一方で費用を削減するためには、物件の管理会社に支払っている管理費用を削減したり、
火災保険の見直しで保険料を下げたりすることなどが考えられます。

ただし、家賃を上げ過ぎて入居者が減少してしまっては、
リフォームやリノベーションにかかった費用すら賄うのが困難になってしまいます。
近隣の競合物件などとも比較して、適正な家賃を設定することが重要です。
また、管理費用の削減は、管理サービスのレベルが低下しかねないため避けましょう。

まとめ

初めて不動産投資をする際には、利回りに関する知識を得ておくと、
スムーズに投資をスタートできるでしょう。
また、不動産投資の利回りを改善させるためには、
サービスの低下に注意しながら収益のアップと費用の削減が必要です。