2022.06.28UP 不動産投資に向いている人はどんな人?
向いている人の職業の傾向は?

何かをするにあたって、人にはやはり向き不向きというものがあります。
それは不動産投資においても同じことであり、向いている人と向いていない人がいるのです。
今回はどんな人が不動産投資に向いているのか、また向いている職業ついてもご紹介します。

不動産投資に向いている人は?

不動産投資は、長期的な視点で物事を考えられる人に向いています。

不動産投資というのは、不動産を購入して第三者に貸し、その家賃を利益として受け取る投資方法です。
そのため不動産投資において不動産を購入する必要があります。
購入時にローンを組むのであれば、そのローンを返済してから本当の意味での利益が出るのです。
それを理解するためには、長期的な視点で物事を考えられる人でなければなりません。

さらに家賃収入というのは部屋を借りる人がいる限り安定的に入ってくるため、
株式投資などの短期的な利益より、安定した収益が欲しいという人にも向いている投資方法です。

不動産投資に向いている職業は?

毎月安定した収入のある会社員や公務員は、融資を受けやすいため不動産投資に向いています。

上述したように不動産投資には、まず不動産を購入する必要があります。
不動産を購入するには、一般的に考えるとローンを組む必要があり、銀行などから融資を受けなければなりません。
したがって、融資を受ける際に重要なことのひとつが収入の安定性です。

不動産投資は手間がかからず、生命保険や私的年金の代わりにもなるため、
特に会社員に向いている投資方法だといえるでしょう。

また、医師や弁護士、会計士なども不動産投資に向いている職業です。
この職業は高収入な方が多く、お金に余裕があること、
そしてローンを組まなくても不動産を購入できることなどが理由として挙げられます。

まとめ

不動産投資は、安定した収入を得たい会社員の方などに向いている投資方法です。
将来安定した収入を得たいと思っている会社員の方は、不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。