2021.03.16UP 「親の入院費は誰が払うのか」問題について解説!

病気やけがで入院をすると高額な入院費が発生することも多く、
その負担が子どもにまで及ぶことも珍しくありません。
親の入院によって、どのような金銭的負担が子どもにかかるのでしょうか。

高齢者の入院理由は多岐にわたる

高齢者の入院理由には「脳血管疾患」や「骨折」「呼吸器系疾患」「悪性新生物(悪性腫瘍など)」などのさまざまなものがあります。
これらを理由とする入院では、その期間が数か月に及ぶことも多く、日数が多ければ多いほど入院費も高くついてしまいます。

通常、親の入院にかかる費用は親が支払うのが一般的ですが、
親が既に退職していたりすると子どもがその支払いをしなければならないこともあります。
高齢の親の場合、子は親の入院に備えておくことが求められます。

入院費が支払えなくなってしまうとどうなる?

入院費が高額になってしまった場合、入院費が支払えなくなってしまうケースが見られます。
最初のうちは病院から支払いの催促が届きますが、
それでも支払いが滞っていると、最悪の場合は資産を差し押さえられてしまうこともあります。
そのため、病院から催促がきた段階で支払いを済ませられるよう準備をしておかなければなりません。

また、親の入院中に入院費の支払いが滞ってしまうと強制退院となってしまうこともあるため、
健康面でも影響が生じる危険性があります。

親の入院に備えて子どもがお金を貯めておくことも重要

高齢者が入院することとなってしまう理由には、突発的に生じる病気や転倒などによる怪我も多くみられます。
そのため、ある日突然高額な入院費を負担しなければならなくないという可能性は少なくありません。

親のもしもの時のために、子どもはまとまったお金を確保しておく必要があるといえます。
お金を確保するには、収入を増やすという方法があります。
不動産投資なら、多くの手間暇をかける必要がないため、本業を圧迫することなく資産を増やすことが可能です。
若いうちから働きながら資産運用をしておけば、親が入院したときも高額な入院費に慌てずに済むでしょう。

まとめ

親の入院費は長期間に渡るケースが多く見られます。入院費が高額になりやすいうえに、
それを子どもが突然負担しなければならなくなる恐れがあるのです。
将来必要になるかもしれない親の入院費を確保するための手段として、不動産投資を検討してはいかがでしょうか。