2020.05.19UP 現代人の日ごろ感じているストレス1位は
「収入や家計に関すること」
ストレス解消する手段はある?

現代の日本人は日々の生活でストレスを感じている方が多いといわれています。
特にストレスを感じている年代やその原因、
また、収入などのストレスを減らすためには何をするべきなのでしょうか。
収入に関する悩みは資産形成で解決させましょう。

30代と40代は多くがストレスを抱えている

内閣府の日頃のストレス程度の調査では、20代から50代にかけては4割以上がストレスを感じており、
その中でも特に30代と40代が非常に高くなっています。
さらに全年代でのストレスの原因を集計すると、
もっとも多い回答は収入や家系に関連することです。

現在よりも収入が増えれば、ストレスを減少させることができる可能性が高いです。
しかし、収入や家計の問題はすぐに解決できるものではありません。
特に女性の場合、長く働いているのになかなか収入が上がらないと感じている方も多いのです。
男女平等に雇用の機会が与えられているとされる現在でも、
実際は、男性ばかりが出世しているということも珍しくありません。

女性が将来のために収入を増加させる方法とは

女性が将来収入を増加させたいと思っていても、
仕事のキャリアアップを目指すだけでは充分とはいえません。
早い段階で資産形成の準備をすることが大切です。
仕事以外で収入を増やす方法はいくつかあり、代表的なものとして投資が挙げられます。

特に不動産投資は、ローンで物件を購入し毎月の家賃で返済していくということが可能で、
少ない負担で始められるのです。
老後は自分が住む居住地としても利用できます。
そうなると毎月家賃を支払う必要もありませんので、
将来が不安な方にはぴったりな資産形成といえるのです。

まとめ

現代の30代から40代は多くが日常生活でストレスを抱えており、
そのストレスの原因は収入が最も多い理由のひとつです。
早い段階から初期費用の負担が少なく始められる不動産投資で資産形成をしておくと、
将来の生活も安心できるでしょう。