2020.02.10UP 長寿化・少子化が年金制度や保険料率に及ぼす影響は?将来的な世代の負担は増加していく

長寿化・少子化の影響によって今後ますます年金や保険料の増加が予想されるなか、
年金制度への不安はどんどん大きくなっています。
今のままでは定年退職した後の生活もままなりません。
年金をあてにできない我々が老後を安心して迎えるためには、
今から不動産投資などの資産形成をしておくことが必要なのです。

 長寿化・少子化が年金制度や保険料率に及ぼす影響

現在、日本の平均寿命は男女ともに世界トップクラスです。
65歳以上の平均余命は20年~25年くらいであるため、
この期間の生活費を年金で賄わなければなりません。

しかし、日本では高齢化とともに少子化も進んでいるため、
高齢者を支える現役世代の負担は年を追うごとに増えていくことになります。
そのため保険料率は上がり、年金の支給開始年齢を引き上げざるを得ない状況になるでしょう。

子育て世帯は自分たちで資産を用意する必要がある

将来、年金をあてにできない現役世代は、老後に備えて十分な貯蓄をしておく必要があります。
しかし、子育て真っ最中の世帯はこれからどんどん子どもにお金がかかるため、
貯蓄をするのも大変です。
長寿化に伴い、介護や医療などの社会保障は手厚くなっていくかもしれませんが、
その分子育て世帯への保障は手薄になっていくことが予想されます。

そうなると、自分たちで資産を用意するしかありません。
収入を増やすには副業という手段もあるかもしれませんが、副業には限界があります。

そこで、今あるお金を増やす資産運用を考えるのもひとつの方法です。
不動産投資なら家賃収入などで今の収入を増やすこともできますし、
老後の収入源はもちろん子どもに財産として残すこともできるので、
数ある資産運用方法の中でも不動産投資は有効な投資方法といえるのです。

まとめ

長寿化・少子化の影響で将来年金をあてにできない以上、今ある資産を運用し、
将来に備えて貯蓄や収入源を確保しておくことは必要不可欠です。

数ある資産運用の中でも、不動産投資は家賃収入という
安定した収益が見込めるので老後の収入源としても魅力的ですし、
最終的には子どもに財産として残すこともできるなど、
資産運用としてオススメの方法であると言えます。
どの資産運用にしようかお悩みの方は、不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。