2019.10.01UP 投資はネガティブなものではない!若年層に広まる投資のイメージとは?

ご高齢の方のなかには、「投資」という言葉にギャンブルのようにリスクが高くて危ないものだというネガティブな印象を持っている人も少なくありません。
しかし近年では、そんな投資に対してのイメージも大きく変わりつつあるのです。

「投資」に対するイメージの変化

「投資」というと、ギャンブルのようにある程度のリスクを覚悟の上で行わなければいけないものというイメージを抱きがちではないでしょうか?
しかし投資はきちんとした勉強をした上で行えば、決して難しいものではありませんし、種類を選べば大きなリスクを背負う必要もないのです。
そのため、近年では投資に肯定的なイメージを持つ人が増えつつあり、退職後のために貯畜だけでなく投資による資産形成を積極的に行う人が増えてきています。

若年層に広がる投資に対するポジティブなイメージ

サラリーマン1万人を対象に行った投資に関するアンケート の結果から、若年層の抱く投資に対するイメージがどのようなものかがわかりました。
このアンケートの2010年の調査と2019年の調査の結果を比べると、投資に対して「前向き」、「楽しい」、「儲け」、「明るい」などのポジティブなイメージを持つ人の合計が9年間で10%程増加しています。
「リスク」、「ギャンブル」、「損失」、「怖い」といったイメージを持つ人もまだまだ多いようですが、「何をしたらいいのかわからない」という不安な気持ちがリスクや怖さを感じているのではないでしょうか?
投資に対する不安は自分の行動一つでぬぐうことができ、不安をぬぐうことが投資へのポジティブなイメージにもつながっていきます。

投資を学んで資産形成をしていきましょう

「投資」というものはきちんと勉強をすれば決して怖いものではありません。

中でも、不動産投資は少額の資金でも始めることができ、長期的な資産運用が可能で初心者にもハードルが低い投資のひとつです。
不動産投資は、自分自身が労働を行わなくても収入が入ってくる不労所得を得ることが出来るのです。

投資について勉強すれば、ネガティブなイメージを払拭し将来に対する不安の解消にも繋がります。
将来の生活費などに対する不安を抱える人は、早い段階から不動産投資などの資産形成を行っていくことが重要です。

まとめ

以前に比べて、人々が「投資」に対してポジティブなイメージを持つようになってきました。
若いうちから資産形成を行っていくことが将来の安定した生活に繋がります。
とりわけ少額からの投資も可能な不動産投資は、投資に詳しくない方でも取り組みやすいのではないでしょうか。
不動産投資を通じて資産形成を行い、将来の暮らしを経済的に豊かなものに変えていきましょう。