2019.03.29UP プロが行う投資手法「オルタナティブ投資」とは?分散投資にもオススメ

プロが行う投資に「オルタナティブ」投資というものがあります。ここでは、「オルタナティブ投資」とは何なのか紹介するとともに、初心者が行うべき投資のあり方を説明していきます。

プロが行う投資手法「オルタナティブ投資」とは?

「オルタナティブ投資」とは、株式や債券のようにこれまで伝統的に行われてきた投資方法ではなく、それ以外の新しい投資方法で収益を出す投資方法のことを意味します。
ちなみに、オルタナティブという言葉には、「代わりの」や「代替の」といった意味があります。

よく投資されているオルタナティブ商品

オルタナティブ投資で扱う、株式や債券に代わる新しい投資対象には様々なものがあります。
不動産や農産物のような商品や、インフラ関係、未公開株、オプション、ヘッジファンドなど、従来の投資とは異なる様々な金融商品が、その投資対象になります。

オルタナティブ投資のメリット

従来、投資対象とされてきた株式や債券に代わって、不動産屋ヘッジファンドなど様々なものに投資するオルタナティブ投資ですが、その最大のメリットは分散投資ができることです。
また、それ以外には、リターンの向上や安定的な収益などがオルタナティブ投資のメリットだと考えられているようです。

初心者の投資にも分散投資がオススメな理由

プロが行うオルタナティブ投資でもメリットに挙げられていたように、分散投資は投資においてとても大切な要素です。

投資の際に、資産を分散して運用することで、自身が負わなければならないリスクを分散することができます。そして、リスクの分散は利益の安定にも繋がります。

はじめての投資に臨むにあたって、不安があるという方は、分散投資によってリスクを分散し、安定した投資を行うと良いでしょう。



プロが行う「オルタナティブ投資」は、従来とは異なる金融商品に投資することで分散投資効果を狙ったものです。投資初心者の場合においても、プロと同様に、分散投資によってリスクを分散した資産運用を行うことが大切です。